出来れば避けたい、離婚裁判

離婚は結婚よりも遙かに大変な作業

愛しあって結婚した二人なのに、離婚という結末もあります。
それ自体は仕方のないことなのかもしれません。
しかし離婚は結婚の数倍のエネルギーを使うものです。
お互いが離婚に納得している円満離婚に近いものであっても、財産分与や親権、養育費、面会の回数など話し合うべきことが大量にあるからです。
そして片方が離婚に同意していない場合は更に大変なことになります。

協議離婚が成立するためにはプロの助けも必要

当事者同士の話し合いでどうにもならない時は第三者に間に入ってもらうことになります。
多くの場合弁護士に依頼することになります。
離婚に関する法律は色々ありますが、それらを頭に入れている上に慰謝料が養育費の相場を熟知している弁護士になら納得できる落とし所に着地してくれるはずです。

離婚調停にいたる場合について

また離婚調停という方法も有ります。
こちらの場合、調停員は弁護士と違って法律の専門家というわけではありません。
しかし多くの離婚案件を見てきた経験から、大体の落とし所を公平な立場から助言してくれるはずです。
大体のケースはこのあたりまでで決着がつきます。

裁判離婚になる場合

これ以上揉めるとなると裁判をするしかありません。
しかし離婚裁判ともなると時間もお金もかかります。
精神的負担も離婚調停の比では有りません。
そして裁判をするとなるとどんなやりとりがあって、どのような経緯で離婚という話しになったのかが公式の記録に残ることになります。
DVや不倫等があった場合、誰がどんな失態をやらかしたのかがすぐにわかるようになるのです。
そのため今の仕事上の立場や今後の再婚などを見据えて裁判を嫌がる人も少なくありません。
有責配偶者の側からはそもそも離婚の請求はできないのですが、慰謝料その他で揉めたときは裁判までするとどっちが不利なのかを考えて交渉するという手が有ります。