離婚届の書き方について

離婚届を出すと言うこと

結婚は婚約してから結婚するまで結婚式など準備をして楽しい時期となりますが、離婚する場合には離婚届を出すまでが大変です。
届けを出す時には夫婦間で色々な話し合いを行って、落ち着いた状態となっているものです。
離婚届の提出先は住所地または本籍地に届け出ることができます。

離婚理由を書く欄もあります

届けには住所や氏名のほかに離婚の種類についてもチェックを入れます。
これは夫婦間が話し合いを終えて離婚する場合には協議離婚をチェックすることになり、家庭裁判所の調停により離婚が決まった場合には裁判離婚となり調停・審判・判決のいずれかにチェックしまた確定した日付を記入します。
婚姻前の氏にもどる者の本籍を記入することが必要で、現在夫が筆頭者であれば妻がこれに当たりますし、妻が筆頭者であれば夫がこれに当たります。
これによって筆頭者以外が戸籍から抜けることになり結婚前の戸籍に戻るのかあるいは新たに戸籍を作ることになります。

離婚する夫婦に子どもがいる場合

未成年の子供がいる場合には妻と夫どちらが子供の親権を持つのか記載する必要があります。
但しこれによって子供と同じ戸籍となる訳ではないため、入籍届が必要であり住所を一緒にするには住所変更届が必要となります。
また証人欄には20歳以上の友人などだれでも良いので直筆で記入してもらい、捺印してもらう必要があります。
証人はお互いの両親や親族である必要はありません。

このように離婚届1つとってみても書き方にはルールがあるため、どのように記載していけばよいのか確認してから記載しましょう。
記載に不備があると受理してもらえず、書き直しをする必要があります。
また用紙を家に持ち帰って書く場合には、間違ってもいいよう余分にもっていきましょう。