離婚したい時に行うべきこと

離婚したいなら事前準備が大切です

チョコレートとウイスキーグラス離婚したいと思ったら、まずは冷静になることが重要です。
興奮した状態では自身に不利が生じてしまいやすいからです。
まずは、じっくりと情報収集することをお勧めします。

子どもの親権について

例えば、子どもが居る場合、養育費はどうするのか、親権はどうなるのかといったことなどを調べておく必要があります。
一般的には夫が養育費を支払い、親権は妻になるものです。
しかし、妻側に不利な理由がある場合には親権を取ることはできません。
不利になる点としては、妻側が浮気をしたことが原因で離婚になった場合や、妻が子どもにDVをはたいらいていたということなどです。
このような条件についてはインターネットで、ある程度の情報を収集することができます。

財産分与の割合について

続いて財産分与についても調べておくべきです。
問題は土地や共有財産がある場合です。
特に、マイホームを共同名義で購入したという場合には財産分与でもめることがあります。
住宅を半分にすることはできません。
このような点は弁護士に相談して介入してもらった方がスムーズにいきます。
後は離婚後の状況を考えることも大事です。
特に妻側はいきなりシングルマザーとなることがあります。
シングルマザーとなってからの生活をどうするのか、その点をじっくり考えなくてはなりません。
元々、共働きということであれば、職場の変更もなく、そのまま働き続けることができます。
問題は、これまで働いていなかった人です。
すぐに職が見つかるとは限らないことから、職が見つかるまでの生活費などを相談することになります。
また、子どもを置いて働きに出ることができるかどうかという点も考える必要があります。
保育園を利用したり、自身の両親に面倒を見てもらったりといったことができる場合には、スムーズに離婚できるかもしれません。