新たな門出を祝い、豊穣な毎日を送るために

離婚したいのになかなか踏み切ることが出来ない時はプロに相談しましょう

離婚を意識したらプロに相談

ウイスキーグラス夫婦生活を継続させるのが困難になり、離婚したいと思ってもなかなか踏み切れないこともあります。
その場の気持ちや勢いで離婚を決めても、後で後悔してしまう事もあるので、よく考えてから結論を出しましょう。
離婚の決意が固まっていなくても、まずはプロのカウンセラーや離婚問題の専門家、弁護士に相談してみましょう。
話せば必ずいまの状態を打開するヒントが見つかります。

なぜあなたは離婚したいと思ったのか?

まずは、何故離婚したいのかという事です。
何も問題ないのならば離婚に踏み切らないでしょう。
何かしらの原因があるからこそ、別れという選択肢が頭をよぎるのです。
大きく分けて、異性問題、金銭トラブル、暴力行為、精神的要因があげられます。

異性問題での離婚

異性問題はそのままの通り、不倫が原因です。
浮気では収まらずに本気で不倫相手にのめり込んで離婚したいと思う事もありますし、逆にパートナーに浮気されて愛想をつかすというパターンもあります。

金銭トラブルでの離婚

そして金銭トラブルでは、家族のことを考えずにあればあるだけお金を使ってしまったり、貯金にまで手を出し、挙句の果てには借金をしたりと、家族の生活をも脅かしてしまいます。
生活費を入れない経済的DVなども、最近の傾向として離婚訴訟では多く取り上げられています。

ドメスティックバイオレンスでの離婚

何か気に食わないことがあれば暴力を振ったり暴言を吐いたりDVも離婚原因になるでしょう。
精神的に病んでしまい、うつ病などを発症してしまって離婚に踏み切る方もいます。
離婚原因は夫婦によって様々です。

日本の夫婦の3組に1組が離婚している

日本では現在、3組に1組が離婚していると言われているくらい、結婚しても別れる夫婦がとても多い傾向にあります。
すべて思い通りに行く結婚生活は実はないのかもしれません。
どちらかが妥協して、我慢することによって成り立つ関係性もあります。
うまく転がすことが出来れば一番なのですが、それをうまく行うには自分が成長しなければならないでしょう。
お互いに同じペースで成長することが出来なければ、夫婦関係はバランスを崩すのかもしれません。
離婚を考えたときには、一度立ち止まってよく考えてみましょう。
いざとなったら離婚 弁護士がサポートします。

新しい記事